2013年01月

003 基礎補強 Reinforcement of foundation

2013年1月21日

ワイツー設計の宇井です。

今日の福島県本宮市は、とても寒い日です。

お昼になっても氷が溶けませんし、地表面も凍ったままです。(写真-1)

今日の工事内容は、地盤の補強工事です。

今回の建設予定地は調査の結果、地盤が教会堂の重さを支えることが出来ない敷地でした。
(不動沈下の恐れあり)

そこで、教会堂の重さを支えることができるように、地中に直径約600mm長さ6mの
コンクリートと土を混ぜた円柱状の杭を作り、教会堂の重さを支えることにしました。
(柱状改良)(写真-2・3)

その杭を本宮教会では30本作ります。

設計監理としての仕事は、杭の位置の指定と確認をし、杭の頭のレベル指示をします。

全てはの始まりは、地盤・基礎からなので地味ながらとても大切な工事であり、
それを確認・指示をする設計監理の仕事は重要な仕事です。

この作業は2日間の予定です。


003-Photo-01-600
 (写真-1)(Photo-1)
mu-03
  (写真-2)(Photo-2)
MT-CYUJYO-99
  (写真-3)(Photo-3)

January 21st , 2013 

Yasunobu Ui from Y two Architectural design company.

It is a freezing day at our new construction site in Motomia city, Fukushima prefecture.
 
Even with direct sunlight at noon the ice on the ground still rock hard .(Photo-1)

Today's job is reinforcement of foundation for our new project (Motomia Church) as our load bearing ground hardness test results shows that the ground here cannot hold the weight of our planned building and it may sink in future.

For this reason we have decided to go with Pile foundation which is to inject 30 concrete columns of 600mm in diameter with dept of 6000mm into the ground as the pillars of our foundation for Motomia Church building.(Pphoto-2)(Pphoto-3)
 
Though this is just the beginning of the work and may sound very basic but calculation, design and implementation is the most important part of the whole project and should be done with utmost care and under direct supervision of designer. 

We are planning to finish this part in 2 days.

本宮駅から本宮教会・幼稚園へ向かう途中の橋から見える、日本百名山の安達太良山 標高1,700 mです。
(写真-4)
A view taken from the bridge on the road from Motomia station to the Motomia church construction site and Motomia preschool building, famous Mount Adatara with altitude of 1700meter can be seen in the background.   
 (Photo-4)

003-ADTRA-05-600
 (写真-4)(Photo-4)

002 いよいよ工事着工!                           The construction of Fukushima-Motomiya church started.

1月19日

ワイツー設計の宇井です。

設計監理をしています。

本日、地盤の状態と建物の位置決め(地縄)の確認を行いました。

各結果は良好でした。 

あいにく雪の中の作業となりましたが確認作業が無事に終わり、
これからいよいよ工事が始まります。

この後の工事は、来週月曜日から地盤の補強(柱状改良)、基礎工事の根切りと続きます。

Motomiya-Gn-001-600
地面のロープの範囲が、本宮教会礼拝堂の新築範囲です。
The photograph at the construction site in Fukushima-Motomiya church
The range of the rope is a range in the church.


I am Yasunobu Ui of the Y two design.

I am doing a design-and-supervision.

I confirmed the condition of the ground and the position of the building.

The confirmation result was good!

It became work in snow because it was a Tohoku district.

The building construction of Fukushima-Motomiya church started.

The following construction is the construction of the ground reinforcement.

Motomiya-ST-600
 The photograph is Motomiya station (East Japan Railway Tohoku-Honsen Line)

001 本宮教会礼拝堂工事安全祈願祭 The ceremony to pray to for construction's safety

Motomiya-MT-600


2013年 1月 9日

本宮教会 菊地牧師 安井牧師 によって、 

教会員の皆様、本宮幼稚園の先生の皆様、工事関係・設計監理者の方々参列のもとに、

新礼拝堂の起工式が行われました。

賛美歌を皆さんで歌い、工事期間中の安全を祈りました。

東日本大震災・東北の復興と共に 「願いを形に!」

(本宮教会礼拝堂 概要)

施主 日本基督教団本宮教会

場所 福島県本宮市本宮字東町2

構造 木造平屋建て

面積 69.56㎡

fukushima-map-N-600


January 9th, 2013

By Kikuchi clergyman and Yasui clergyman in Motomiya church
The ceremony to pray to for the safety of the construction of the
new chapel was done.

It sang a hymn by attendance all the members and it wished for
the safety in the construction period.

With the wish of the earthquake disaster reconstruction
" It makes a wish a form !". 

The Japanese pronunciation is "Negaiwo Katachini!"

( Motomiya church chapel The overview )

The client
The United Church of Christ in Japan,Motomiya church

The address
969-1123
2 Higashi-machi,Motomiya-Shi,Fukushima,Japan

The structure
The wooden one-storied construction

The total floor area
69.56㎡

moto-Shikten-B-600
 

ギャラリー
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
  • 023 設計コンセプト
カテゴリー
  • ライブドアブログ