ワイツー設計の宇井です。

 2013年4月25日

 内装工程・外装工程ともに鋭意進行中!

 教会正面からの一コマ

 外壁は杉の板下見張りなので、その下地までの施工

 正面に立つと、可愛い教会とのイメージですが、中に入るとこれがなかなか・・・

Brg-4-25-01-02

































(写真-1)(Photo-1)

主任設計・監理者:小俣氏と 施工業者:伊藤工匠・伊藤氏 との打ち合わせ。

本宮教会は、住設機器(手洗い・水回り、エアコン等)を除いて、既製の建材は使用していません。

そのほかは、建具を含めて材から造り上げていきます。

そのため、細部まで打ち合わせが必要になってきます。

Brg-4-25-02



















(写真-2)(Photo-2)

礼拝堂の窓枠の一部です。

木材から、削りだして組み立てていきます。

ここに、木製窓(建具)が取り付きます。(これもまた一つ一つ手作りです)

Brg-4-25-03



















(写真-3)(Photo-3)


礼拝堂入り口位置から、正面聖壇を望む。

70㎡の教会ですが、なんのなんの!広さを感じます。

聖壇の窓が大きく、気持ちがいい!

Brg-4-25-04


































(写真-4)(Photo-4)

Yasunobu Ui from Y two Architectural design company.
April 25th, 2013

It is in progress eagerly interior process and exterior process together!
The photograph in the front in the church.
It builds an outer wall of the board of the cryptomeria.
When standing in front of the church, it feels a small church.
However, when entering a church, it feels widely.
(Photo-1)

Obata Ms. of the architect and Ito of the carpentry did a meeting.
Motomiya church isn't using ready-made building materials except for the facility equipment.
This church is the handmade of the carpenter.
Therefore, the detailed meeting becomes need.
(Photo-2)

It is the part of the frame of the window at the chapel.
(Photo-3)

It sees the front from the chapel entrance.
It is the church of 70㎡ but it feels widely.
The feelings are good because it is a big window!
(Photo-4)